こんにちは。ゴールデンレトリバーのカイザー(仮名)です。皇帝です。はみはみはみ。

20151217_EOS_M3_0454_640sq

PETIOの笛付きボール、カエルくんをはみはみはみ。

20151217_EOS_M3_0453_640


本日は、昨日の記事のラスト部分についてご説明します。
昨日の記事をまだご覧になっていない方、おさらいしたい方は こちら をどうぞ。


さて、上の写真を撮る数秒前、僕の従者下僕2は

きゅぽんっ

という音を聞いたそうです。


『きゅぽん???』
「……………………」

20151217_EOS_M3_0452_640

『陛下、今なんかヘンな音しませんでしたか? って、陛下???』

20151217_EOS_M3_0467_640

「…………………………………………」
『え? あれ? え? え?』

20151217_EOS_M3_0469_640

「…………………………………………」
『え? ちょっと陛下、なにくわえてるんですか?』

20151217_EOS_M3_0470_640

「なにって、PETIOのカエルだが? それがどうした?」

20151217_EOS_M3_0473_640

『……いやいやいやいや、それカエルくんじゃないです! ヘンなもの拾わないでくださいよ、カエルくんはどこやっちゃったんですか?』
「だからこれがカエルだ。さっきからそう言っておるだろう」
『そんなわけないでしょう。ちょっとそれ一回、下に置いてくださいよ』
「まったく……ほれっ」

20151217_EOS_M3_0474_640

『ほら、やっぱりカエルくんじゃないですよこれ。色は確かに似てるけど、カエルくんはこんな形じゃないし、青いチューブなんてついてないし、メロンみたいな筋はなくてつるっつるだし、口と鼻も描いてあるし』

20151217_EOS_M3_0475_640

『目は出っぱっていて……でも片方は食いちぎられていて……あれ?』

20151217_EOS_M3_0477_640

『なんだろう、このへっこみ。これって……え、まさか……』

20151217_EOS_M3_0478_640

ようやく事態を飲みこみはじめた下僕2は、確証を得るため穴の奥を覗き、

20151217_EOS_M3_0484_640

恐ろしいものを見てしまうのです。

20151217_EOS_M3_0479_640

『ぎゃああああああああああああ』

要するにですね、僕はまずカエルくんの片目をむしりとり、あいた穴からボール内のホイッスルを引っ張りだして、そのままカエルくんの裏表をひっくりかえしたんです。
下僕2が聞いた「きゅぽんっ」は、カエルくんが裏返る瞬間の音だったんですね。

20151217_EOS_M3_0481_640

「ですとろい♪」


ちなみに、ホイッスルのパーツはすべて確保されています。ご安心ください。

20151217_EOS_M3_0486_640

裏返ったカエルくんは、今でも現役で僕の玩具です。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村 ゴールデンレトリバー