こんにちは。ゴールデンレトリバーのカイザー(仮名)です。皇帝です。

20160723_EOS M3_4425_640

昨日の記事で僕が体調を崩したときのことをまとめていて、従者下僕2がつぶやきました。
『なんか違う。こんな簡単な話じゃなかった』と。


皮下点滴を打ってもらってからの回復は確かに順調でした。
下痢は1日でおさまったし、消化器官からの出血のサインも4日で見られなくなりました。
嘔吐は1週間程度でおさまったし、食欲は2週間で回復しました。
あとからふりかえってみれば、実に順調に回復していたことがわかります。

でもその当時は不安でたまらなかったと下僕2は言います。
特に嘔吐がおさまるまでの1週間が辛かったそうです。

皮下点滴の吐き気止めはとてもよく効いて、おかげでその日はきちんと食事をとれました。
でも翌日には効果は終わっていて、食欲がわかない状態に戻っていました。

いつ僕が吐くかわからない。
食欲がなくてあまり食べられない。
かろうじて食べたものから、ちゃんと栄養を摂れているかわからない。
不安で不安で仕方なかったそうです。

20160723_EOS M3_4422_640

食欲がわかず、毎日のようにえずいていましたが、僕自身はいたってアクティブでした。
ぐったりなんてしませんでした。外出も欠かしませんでした。
外に出れば、ゆっくり歩こうとする下僕たちをぐいぐいひっぱってハイペースで歩きました。
広場では転げまわって暴れました。
そんな僕を見て、下僕2は、ただの空元気ではないかと思ったそうです。

吐いてばかりでまともに食べられない。
十分な栄養を摂れていないかもしれない。
なのにいつもどおりに元気に振る舞っていては、そのうちにエネルギーが尽きて、本格的に伏してしまうかもしれない。

『正直、もう少しおとなしくしていてほしかったです』

20160723_EOS M3_4423_640

僕がおとなしくしていたら、それはそれで、『元気がない!』と言って大騒ぎしたんだろうなあ……。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村 ゴールデンレトリバー