陛下とユカイな下僕たちが、旅に出ました

ゴールデンレトリバー「カイザー(仮名)」が
写真を交えて綴る日記ブログ。
たぶん毎日お昼頃更新。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ blogramのブログランキング

タグ:ハクモクレン

こんにちは。ゴールデンレトリバーのカイザー(仮名)です。皇帝です。

20160418_EOS_M3_2729_640

僕の従者下僕2は、毎年春先になると、コブシとハクモクレンの見分けがつかずに混乱していました。

20160329_EOS_M3_1873_640

20160329_EOS_M3_1878_640

ソメイヨシノが終わりツツジの季節になると、ハナミズキの花が咲きはじめるわけですが、

20160418_EOS_M3_2725_640

20160418_EOS_M3_2726_640

残念なことに、この花を見た下僕2は、コブシかモクレンが『春先からずっと咲いている』と思っていたそうです。

20160512_EOS M3_3108_640

そんなわけあるかい!

そしてハナミズキが咲き終えた頃、入れ替わりで登場するのがこちら。

20160512_EOS M3_3079_640

20160512_EOS M3_3124_640

20160512_EOS M3_3122_640

ヤマボウシです。これが下僕2の混乱にさらに拍車をかけます。

要はアレです。春、木に咲く白い花4種が、ごちゃ混ぜになっていたんです。

ヤマボウシとハナミズキは同じミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の近縁種ですから、混乱するのは仕方のないことかもしれません。

でも、

20160512_EOS M3_3109_640

いい機会だから、見分けられるようになろう、下僕2!

ポイントは開花期と花びらの形状。
ヤマボウシが咲くのはハナミズキのあとだ!
花びらの先端が尖がっていればヤマボウシで凹んでいればハナミズキだ!

それと、ハナミズキもヤマボウシも、花びらのように見える部分は実は総苞、つまり葉っぱだ!


関連記事
モクレン、ハクモクレン、コブシ(2016年4月6日)
混乱に拍車をかける花(2016年04月24日)

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村 ゴールデンレトリバー

こんにちは。ゴールデンレトリバーのカイザー(仮名)です。皇帝です。

20160330_EOS_M3_1927_640

春に花をつけるモクレン、ハクモクレン、コブシ。どれもモクレン科モクレン属の植物だそうです。

20160329_EOS_M3_1870_640

同じモクレン科モクレン属の植物ですから、花が咲く時期だけでなく、花の形も微妙に似ていてややこしいです。

20160329_EOS_M3_1871_640

僕の従者下僕2は、毎年この時期になると、ハクモクレンとコブシの見分けがつかずに混乱します。

20160329_EOS_M3_1874_640

そこで今日は下僕2の個人的な覚書。まずはコブシについて。

20160329_EOS_M3_1873_640

コブシはこのように、花びらがぺらーんと全開になり、中心のおしべめしべがよく見えます。

20160329_EOS_M3_1878_640

対してハクモクレンは、タイトな咲き方をします。花が終わるぎりぎりまで全開にはなりません。
全開になるときは花びらが落ちるときです。

20160330_EOS_M3_1923_640

また、ハクモクレンは意地でも花を上向きで咲かせたいらしく、普通にカメラを向けるとあおり写真ばかり撮れます。

20160330_EOS_M3_1919_640

ちなみにモクレンは紫色。紫木蓮と書いてシモクレンと呼ぶこともあるそうです。

20160330_EOS_M3_1917_640

意地でも上向きに花を咲かせるのはハクモクレンと一緒。


さてここで問題です。

20160330_EOS_M3_1925_640

下僕2が僕の額に乗せたこの花びらは、モクレン、ハクモクレン、コブシ、どれでしょう?


……あまり僕で遊ぶと花びらですとろい。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村 ゴールデンレトリバー

↑このページのトップヘ