こんにちは。ゴールデンレトリバーのカイザー(仮名)です。皇帝です。

20150806_IMG_6729_640sq

日中の最高気温が30℃を超えるようになってから、僕と下僕2は夜歩きばかりしています。

20150816_IMG_6912_640

僕は日中と変わらずほかの犬の痕跡を確かめて歩くのですが、8月に入ると、下僕2は頻繁に夜空を見上げるようになりました。

季節は夏ですが、時間が時間。
夏の大三角は西よりの空に見え、南の空に浮かぶのはさそり座のアンタレスではなく、みなみのうお座のフォーマルハウト。
夜明けが近づくにつれ、東の空にオリオン座も上がってくるそうです。

そして北東の割と高い位置に、カシオペア座とペルセウス座が……。

201508060215_IMG_6710_640

はい。夏の風物詩、ペルセウス座流星群の放射点付近です。

201508060215_IMG_6712_640

今年のペルセウス座流星群、活動期間前半は月が明るかったのですが、皇帝直轄領の市街地ではあまり関係なかったと下僕2は言います。
それよりも極大日を含む数日間の曇天が非常に痛かった、と。

201508060216_IMG_6713_640

下僕2が呼吸を止めて1秒で撮った、8月6日2時15分頃の東よりの夜空。
ペルセウス座の一部と、おうし座のアルデバラン、プレアデス星団、ぎょしゃ座のカペラなんかが写っています。
皇帝直轄領の夜空なんてこんなものですから、月があろうとなかろうと、暗い流星はまず見えません。

201508060342_IMG_6719_640

明るい流星狙いの下僕2は、ペルセウス座流星群が活発だった時期に、通算7回ほど流れ星を見たそうで、そのうちの2回は火球であったと主張しています。
最高光度の金星が煙を吐きながら落ちていくような光景は圧巻だったそうです。
もちろんそんな決定的瞬間の写真は撮れていません。

そして、見えた流星の数と同じくらい、蚊に刺されたようです。
今、下僕2は自分の腕にカシオペア座が見えると言います。

僕は犬ですから流星はおろか星だって見えません。
なのに下僕2の流星観測につきあわされ、同じように蚊に刺されているのですから、はた迷惑もいいところです。

21508_33250_640

下僕2よ、今月末のミルベマイシン、忘れるでないぞ。


Flickrに「夏の夜の星空散歩」の写真を追加しました。


おまけ。

20150731_IMG_6638_640

下僕2が「かぶとんロード」と呼ぶ道です。
林や畑が近いせいか、梅雨明けからお盆くらいまで、この道でたくさんのカブトムシを見かけました。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村 ゴールデンレトリバー